安全への取り組み

安全への取り組みについて(PDCA)

 当社では、車社会を担う一員として、交通安全への取り組みを究めることが一番であると考えております。社員教育や運転手心得として、「安全」こそが最も重要で基本のサービスであると考え、お客様に安心してご利用頂けるよう、社員一丸となって安全対策に取り組んでおります。



「運輸安全マネジメント」に基づき、安全対策に努めています。構築した安全管理体制をPDCAサイクルにより継続的に改善し、安全性の向上を図っています。

−安全に関する基本方針−
・安全確保の最優先がバス事業者の使命と認識し、社長及び役員・社員一同が
 安全確保に最善をつくす。
・輸送の安全に関する法令・規定を尊守し、厳正かつ忠実に遂行する。
・安全管理体制を適切に維持するために確認を励行する。
・輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。

令和元年度「安全目標」
1. 人身事故ゼロ
2. バック事故ゼロ
3. 有責事故ゼロ
4. 交通違反ゼロ

平成30年度「安全目標」 (100%達成)
・今年度、人身事故をゼロに
・飲酒運転、速度超過の撲滅
・社員全員のゴールド免許に
・事故件数を50%削減

平成30年度事故に関する統計 「0件」


−基本的な取組み−

(1) 乗務員教育
運転手教育として、交通法規の厳守・無事故無違反の徹底などを基本に、安全運転技能とモラル向上に取り組んでいます。 また、バス運転手として「安全への心構え・事故事例を用いた危険予知などの啓発活動」を定期的に実施し、交通安全の重要性の認識を高めることで、安全運転の徹底に取り組んでいます。

(2) 乗務員の健康管理
当社では、乗務員全員が常に心身健全であることが安全な輸送への第一歩であると考えます。定期健康診断受診による健康状態の管理と総合的な健康指導(体質・生活習慣の改善など)のほか、適性診断による自己チェックと運転操作のアドバイスも講じています。

(3) 車両整備に係わる事故防止
車両の確実な点検・検査・修繕を実施するとともに、車両故障・不具合の原因究明を徹底し、路上故障防止対策を適切に講じています。

当社の安全管理規定(PDFリンク)


真賀観光バス

〒717-0011
岡山県真庭市見尾232-6

TEL 0867-44-5190

FAX 0867-45-1755